小児・子供の病気(発達障害の種類)〜◆広汎性発達障害◆自閉性障害の対応と治療


小児・子供の病気(発達障害の種類)〜◆広汎性発達障害◆自閉性障害の対応と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>自閉性障害の対応と治療



広汎性発達障害〜自閉性障害の対応と治療



自閉性障害の対応
自閉性障害の対応で大切なことは、子供の考え方や行動パターンに合った対応をすることです。
一般的に自閉性障害の子供は、目で見た物を理解するすることが得意ですが、言葉で理解することは苦手です。
まずは、お互いの気持ちが伝わるように言葉ではなく、絵やカードなどを使ってコミュニケーションをとるのが先決です。

よく自閉性障害の子供は、気持ちをうまく伝えられないのでかまってほしくて、突然怒ったり泣いたりと騒ぐことがありますが、できるだけそのまま様子をみます。
静かになったらたくさん褒めてあげましょう。

褒めることで子供は、静かにすることは良いことだと理解するようになるので、悪い所に目をつぶって良いところだけを見て褒めるようにしましょう。

自閉性障害の子供は、いつもと違うことや予測して行動することが苦手なので、新しいことを始める場合には、手順など具体的にわかりやすく説明しておきます。

勉強に関しては、同じ自閉性障害の子供でも個人差があるので、興味があったり得意な勉強を伸ばすようにしましょう。



自閉性障害の治療
自閉性障害を治す治療薬はないので、教育によって治療する治療教育が中心になります。
ただ、多動やてんかんなど2次的な症状には薬物療法が使われます。

治療教育は「療育」と呼ばれ、人との関わり方を学び自立できるようにサポートすることです。

療育の中でもアメリカで始まったTEACCH(ティーチ)というプログラムが注目されており、親と専門家が連携して子供の個性に合わせて最大限の能力を引き出す治療です。

自閉性障害を治すという考えではなく、適応力を育て社会を理解させ自立の手助けをするものです。






HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.