小児・子供の便秘の病気


小児子供便秘病気

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>便秘の病気



小児・子供の便秘



小児子供便秘とは、排便の回数が少なく水分の少ない硬い便のことをいいます。1日数回の排便はあるが便の量が少ないと腹痛の原因となることがある。乳幼児の場合は柔らかい便ではあるが4日に1度くらいしか排便しないことが多くみられます。


小児・子供の便秘の原因
母乳やミルク、食事の量や食物繊維が不足していると硬く少ない便になります。

排便を何度も我慢すると便秘になりやすくなります。

腸に機能的障害があると食べた物が肛門まで届かないために便秘になります。

脳疾患や脊髄疾患などは、排便に必要な神経反応が抑えられ便秘にないます。また、腸の働きが悪くなる肺炎や心不全、低カリウム血症、甲状腺機能低下も便秘の原因になります。


小児・子供の便秘の症状
乳幼児の場合は、食欲不振、お腹が膨れる、不機嫌になるといった症状があり嘔吐することもあります。

年長児になるとお腹の不快感、繰り返し腹痛が起きます。また、症状の軽いものから激しい腹痛を起こすことがあります。


小児・子供の便秘の治療
乳幼児の場合は、果汁や糖水などが効果があります。幼児になれば野菜類、海藻、豆類など食物繊維の多い食品を与えます。

3歳くらいまでであれば、トイレの習慣をつけるために食後には10分くらいトイレに座らせ排便トレーニングをする。また、排便時に痛みがある場合には軟下剤を使うことも効果があります。

薬は、水酸化マグネシウム、乳酸菌製剤、ラクツロース、大腸刺激性下剤のピコスルファートナトリウムなどが使われます。


食物繊維の多い食品
シイタケ・ヒジキ・ワカメ・アズキ・インゲン・エンドウ・ダイズ・ゴボウ・イチゴ・オレンジ・バナナなど





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 血液年齢 チーズ ケフィア