小児・子供の心の病気〜チック障害・トゥレット症候群の症状と治療


小児・子供の心の病気〜チック障害・トゥレット症候群の症状と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>チック障害・トゥレット症候群の症状と治療



チック障害・トゥレット症候群の症状と治療



チック障害・トゥレット症候群の原因
チック障害・トゥレット症候群の原因は、親のしつけ厳しすぎるこで引き起こされるといわれていましたが、神経伝達物質のドーパミンなどのバランスが崩れることで発症することがわかりました。

また、遺伝的な要因も関係しているともいわれ、ストレスや緊張など心理的な要因が加わることで症状が悪化するともいわれています。



チック障害・トゥレット症候群の症状
子供の意思とは関係なく、突然不思議な仕草や動きをする運動チックと、咳払いや唸ったりする音声チックがあります。
運動チックには、まばたきや顔をしかめたり、肩をすくめる、首振りなどといった症状があります。
音声チックには、咳払いや唸る、鼻を鳴らすなどといった症状があらわれます。

そのほかに、2種類以上の複雑な動きをする多発性運動チックや、汚い言葉を言って相手に嫌な思いをさせる汚言症があります。

一過性チック障害〜1年未満にチックが消える
慢性チック障害〜運動チックあるいは、音声チックが1年以上続くもの
トゥレット症候群〜音声チックと多発性運動チックが同時に1年以上続くもの


チック障害やトゥレット症候群は、学習障害や注意欠陥多動性障害、強迫障害を合併することがあります。



チック障害・トゥレット症候群の対応
チックの症状が出ても特別なこととは思わずに普通に接するようにします。また、単純なチックであれば自然に治っていきますのであまり心配する必要はありません。

子供はのびのび育て、リラックスできる家庭環境を心がけていきます。そのためにも、親が気にし過ぎたりイライラしていると、子供にも影響し症状が悪化するので注意してください。



チック障害・トゥレット症候群の治療
単純なチックであれば自然に治るので特別治療は必要ありません。
ただし、トゥレット症候群が重症の場合はドーパミンの働きを抑える薬物療法が行われます。

また、症状によって精神療法が行われることもあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.