小児・子供の心の病気〜外傷後ストレス障害(PTSD)の症状と治療


小児・子供の心の病気〜外傷後ストレス障害(PTSD)の症状と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>外傷後ストレス障害(PTSD)の症状と治療



外傷後ストレス障害(PTSD)の症状と治療



外傷後ストレス障害(PTSD)の原因
地震や火事、事故など日常では起こらないこと経験をすることで、心理的に大打撃を受けいつまでもその影響が残ります。
この精神的外傷が様々な症状を引き起こしています。

しかし、同じ経験をしても発症しない人もいるので、ストレスに弱いことが関係していると考えられています。



外傷後ストレス障害(PTSD)の症状
突然、事故や火事、地震、虐待など精神的打撃を受けた出来事が今起こっているように感じ、悪夢にうなされたり眠れなくなります。
また、なんでもないことにビクビクしたり感情がなくなったり、反対に感情が激しくなったり子供みたいになることもあります。



家族の対応
外傷後ストレス障害(PTSD)の治療には、子供を温かく見守ることが大切になってます。
突然変な行動をしても、子供にとても苦しい思いをしているので安心感を持てるように、つらい気持を受け止めてあげましょう。
子供がつらい体験を話し始めたら、静かに聞いて抱きしめてあげます。

心の傷が治るまでは長い時間がかかりますので、あせらずゆっくりと治していきましょう。



外傷後ストレス障害(PTSD)の治療
外傷後ストレス障害(PTSD)の治療は、心理的ダメージの大きさや年齢によって違いますが、薬物療法と精神療法を組わせた治療が一般的です。

精神療法
表現力が乏しい場合には、芸術を用いて心の病気を治療する芸術療法や、自分の内的世界を表現する箱庭療法のなど精神療法が行われます。
そのほかにも集団精神療法や家族療法、系統的脱感作用などを行う場合もあります。

薬物療法
薬物療法では、一般的に抗不安薬や抗うつ薬が使われます。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.