小児・子供の心の病気〜人格障害(パーソナリティー障害)の症状と原因


小児・子供の心の病気〜人格障害(パーソナリティー障害)の症状と原因

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>人格障害の症状と原因



人格障害(パーソナリティー障害)の症状と原因



人格障害(パーソナリティー障害)原因
人格障害(パーソナリティー障害)原因は、一般的に育った環境に問題があることで人格がゆがみ発症すると考えれています。

小さい頃の外傷体験や、親の子離れができなかったり、子供の親離れなどの問題が心の奥にあり、さらに精神的ストレスが加わることで暴力的になったり自己中心的など様々な症状が出てきます。

また、自傷行為や摂食障害、多量服薬などの症状が出ることも少なくありません。



人格障害(パーソナリティー障害)の症状
人格障害(パーソナリティー障害)の症状は、極端な性格が特徴で社会生活をまともに送ることができず、様々な症状があります。

境界性パーソナリティー障害
若い女性に多くみられる症状で「ボーダーライン」とも呼ばれています。
小さなことで泣いたり怒ったりと感情の起伏が大きく、仲良くしていた友達も急にいじめたりします。そのため人間関係に問題ができるため、いつも友達がいなくなるのではないかと不安を持っています。

反社会性パーソナリティー障害
嘘をついたり、人をだましたり、暴力的なったり平気で犯罪を犯します。しかも、罪の意識はなく自分は悪くなく他人が悪いと責任転換します。

自己愛性パーソナリティー障害
自分は人と違って特別な存在で、みんなから注目され尊敬されるのが当たり前と思っています。
自己中心的なので人のことは考えず、自分のために他人を平気で利用します。

演技性パーソナリティー障害
虚栄心が強く自分の思い通りにないと、怒ったり人に八つ当たりをします。
また、常に注目の的でありたいので大げさに表現して人の気を引こうとします。

回避性パーソナリティー障害
自分は人より劣っていると強く思っているので、人から拒絶されたり避難される不安が絶えることがありません。
そのため人との関わりを避け引きこもりになることもあります。

依存性パーソナリティー障害
自分に自信がないため、すぐに人に頼ろうとします。また、自分の世話をしてくれる人がいないと不安が強くなり、自分で行動することができなくなります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.