小児・子供の心の病気〜人格障害(パーソナリティー障害)の対応と治療


小児・子供の心の病気〜人格障害(パーソナリティー障害)の対応と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>人格障害の対応と治療



人格障害(パーソナリティー障害)の対応と治療



人格障害(パーソナリティー障害)の対応
自分では問題がないと思っているので、怒ったり叱ったりすると逆に問題が大きくなりますので、まず専門機関に相談することが大切になります。

親は、家庭での子供との接し方に問題がないか見直す必要があります。
何でも子供ためにしてあげていないか、小さなことまでクドクド干渉していないか、無理に親の価値観を押しつけていないか、高圧的な態度をとっていなかなど子供の接し方を見直します。

また、夫婦仲が悪かったり、親が不安定な気持ちでいると子供にも悪い影響を与えますので、子供が安心できる家庭を築いていきます。

最近の人格障害の症状には、自己愛性パーソナリティー障害が増える傾向にあります。
子供の能力を引き出す環境がないことや、子供のエネルギーを発散する場所がないことが関係しているのではないかといわれています。



人格障害(パーソナリティー障害)の治療
人格障害(パーソナリティー障害)の治療は精神療法を中心に行われます。

家族療法や集団精神療法、認知行動療法、精神分析的精神療法など、子供の歪んだ考えを正しくし、社会生活ができるようにサポートします。

また、症状に合わせて抗精神病薬や抗うつ薬、抗不安薬など薬物療法を併用して行うこともあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.