小児・子供の心の病気〜解離性障害の症状と治療


小児・子供の心の病気〜解離性障害の症状と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>解離性障害の症状と治療



解離性障害の症状と治療



解離性障害の原因
解離性障害の原因は、自分の身を守るために我慢できない激しい痛みや恐怖、絶望感などの現実から逃避しようとすることで引き起こされると考えられています。

よくテレビなどで取り上げられる、性的虐待を受けたときに起こりやすいと言われています。



解離性障害の症状
解離性障害は、記憶や意識、知覚など一人の人間が統合して持っている精神機能がうまく統一されていない状態をいい、様々な症状があらわれます。

解離性健忘
自分のこれまでの生活の中で、強いストレスを感じた出来事の記憶がなくなっていること

解離性遁走
家庭や職場から突然失踪し、その失踪期間の記憶がなくなること

多重人格性障害(解離性同一性障害)
2人以上の異なる人格が自分の中に存在していること

離人症性障害
自分を他人のように傍観し、物を見ても話を聞いても現実感がないこと

子供は特に、強いストレスを感じると自分の作った世界に逃げることがよくあります。



家族の対応
子供は耐えられない強いストレスを感じショック状態になっていますので、安心できる環境を整えることが大切です。
また、ストレスの原因になっているものを探し、取り除くように努力します。

現実から逃避していたり、言っている意味がわからなくても責めたりせずに、あたたかく普通に接するように心がけます。



解離性障害の治療
解離性障害の治療はカウンセリングが有効ですが、自分の気持ちをうまく伝えられない小さい子供であれば、芸術を用いて心の病気を治療する芸術療法や、自分の内的世界を表現する箱庭療法のなど精神療法が行われます。

そのほか、家族療法や抗うつ薬や抗不安薬などの薬物療法も必要に応じて行われます。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.