小児・子供の心の病気〜行為障害の症状と原因


小児・子供の心の病気〜行為障害の症状と原因

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>行為障害の症状と原因



行為障害の症状と原因



行為障害の原因
はっきりした行為障害の原因は解明されていませんが、脳の器官などに異常が起きることではないかといわれています。

そのほかに厳しいしつけや愛情不足、体罰や虐待、家庭内不和など家庭環境や親の教育方針などに問題がある家庭で育った子供がかかりやすい傾向にあります。

幼児期に発症すると一人で問題を起こすことが多く、青年期に発症すると集団で問題を起こすことが多くなります。



行為障害の症状
行為障害の症状は、小さなことで喧嘩を始めたりいじめを繰り返す、犬や猫などの動物を虐待します。
また、万引きや人を傷つけたり、公共物を壊したり反社会的な行動をします。

行為障害と診断される基準は、夜中に家を抜け出し遊ぶ、一晩中帰らない、学校をさぼるなどで、他人の人権を平気で踏みにじる行為が半年から1年続いたら行為障害と診断されます。



反抗挑戦性障害の症状
すぐに怒ったりかんしゃくを起こすことはありますが、障害や窃盗など反社会的な犯罪を起こすことはありません。。


行為障害には2つの発症型があり、10歳までに発症する「小児期発症型」と思春期以降発症する「青年期発症型」があり、発症が早い方が治りにくく反社会性パーソナリティー障害を引き起こしやすくなるといわれています。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.