小児・子供の心の病気〜行為障害の対応と治療


小児・子供の心の病気〜行為障害の対応と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>行為障害の対応と治療



行為障害の対応と治療



行為障害の対応
家庭環境の見直し
行為障害は幼児期にはほとんど発症しませんが、前兆のような症状はあらわれることがあります。
「動き回って落ち着きがない」「他の子供に暴力を振るう」「他の子供の持ち物を勝手に取る」「かんしゃくを繰り返す」などの症状が繰り返しみられると行為障害の可能性があります。

行為障害の子供に多くみられるのは、親の愛情不足であったり、しつけが厳しすぎるなど大人に不信感を持っていますので、子供の接し方に問題がないか見つめ直すことが大切です。

また、お父さんとお母さんの育て方や価値観が違って、お互いが子供に自分の主張を押し付けると子供は混乱してきますので、親子関係だけではなく夫婦関係も見直すことが行為障害を防ぐことになります。

愛情を持って接する
まずは子供の気持ちを考え、愛情をもって接することが行為障害から立ち直らせる一つの方法なので、悪い行動をしたからといって押さえつけるように怒るとエスカレートしていきます。

変化を見逃さない
思春期では友達と集団で問題行動をすることが多くなりますので、子供の変化に敏感になり何でも話せる家庭環境をつくることが大切です。



行為障害の治療
行為障害の治療には、薬物療法や矯正教育が行われます。

薬物療法
病院の検査の結果、脳波に異常があったり落ち着きがない、不安感やうつ気分などが強い場合に薬物療法が行われます。
また、薬物療法と合わせて精神療法のカウンセリングや家族療法、集団精神療法などが行われます。

矯正療法
行為障害になっていると、大人に強い不信感を持っていますので治療を拒否することはよくあります。そのような場合は、少年院や児童自立支援施設などに入所して矯正教育が行われます。

少年院は法務局管轄の施設で、家庭裁判所から保護処分を受けた少年が矯正教育を受ける施設で、児童自立支援施設は不良行為をした子供や生活指導が必要な子供が入所する福祉施設です。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.