小児・子供の心の病気〜強迫性障害の症状と原因


小児・子供の心の病気〜強迫性障害の症状と原因

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>強迫性障害の症状と原因



強迫性障害の症状と原因



強迫性障害の原因
強迫性障害の原因は、親のしつけが厳しいことが強迫性障害の原因といわれていましたが、脳の神経伝達物質のセロトニンなどのバランスが崩れることが強迫性障害の原因であると最近の研究でわかってきました。

そのほかに几帳面であったり、まじめな性格の子供がなりやすく、精神的なストレス、遺伝的要因も関係しているといわれています。



強迫性障害の症状
強迫行為
強迫性障害でよくみられる症状は、戸締りはきちんとしたか、火の元は消したかなど心配になって何度も確かめる確認強迫と、触るものがすべて汚く思えていつまでもきれに拭いたり、手が汚れていると思って洗い続ける洗浄強迫です。

このように、意味のないこととわかっていても止めることができないことを強迫行為といい、日常生活に支障をきたすこともよくあります。

そのほかにも、歩きだすときは右足から、布団は平行に敷くなど、様々な強迫行為があります。


強迫観念
不快感や不安などが頭に浮かんでなかなか消すことできない強迫観念があります。。
例えば、他人を傷つけてしまうのではないか、汚れやバイ菌だらけになっている、暴力的な場面が浮かんで消えないなど、繰り返し頭に浮かんでいる状態です。

強迫性障害では脅迫行為と脅迫観念の症状が一緒に起こることがほとんどです。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.