小児・子供の心の病気〜強迫性障害の対応と治療


小児・子供の心の病気〜強迫性障害の対応と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>強迫性障害の対応と治療



強迫性障害の対応と治療



強迫性障害の対応
幼児期の対応
幼児期でも強迫性障害になり、意味のない行動とは知らずに止めることのできない強迫行為をしています。
親は「何しているの」「もうやめなさい」などと叱りつけずに、子供がストレスを感じていることを理解してあげましょう。

何にストレスを感じているのかわかれば、その原因を取り除いて改善されるか観察してみます。
改善されなければ、他の問題が考えられますので解決してあげましょう。

好きなことさせる
強迫障害は真面目な性格であったり、強いストレスを感じたときに発症することが多いので、生活環境や生活習慣などでストレスになっていることがないか確認し、原因がわかれば対処します。

強迫障害は周りのことが見えない状態になっていますので、大好きなことをしていると強迫行為や強迫観念がなくなることもあるので、子供の好きなことさせるのも一つの方法です。



強迫性障害の治療
薬物療法
強迫性障害の治療は、一般的に強迫行為や強迫観念を抑えるために、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)の抗うつ薬を服用します。
また、症状によっては抗不安薬や抗精神病薬などを併用することもあります。

精神療法
薬物療法と一緒にカウンセリングや家族の力で問題を解決していく家族療法を行うと効果的です。
そのほか、症状の軽い洗浄強迫の場合は、汚れている物に少しずつ触れて何も問題がないことを理解させる脱感作法があります。


小学生で発症した場合は、治癒は比較的早いですが、思春期を過ぎると重症になりやすく治りにくくなります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.