小児・子供の心の病気〜摂食障害の症状と原因


小児・子供の心の病気〜摂食障害の症状と原因

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>摂食障害の症状と原因



摂食障害の症状と原因



摂食障害の原因
摂食障害の原因は、神経伝達物質の機能障害や食欲中枢の摂食中枢と満腹中枢がうまく切り替わらないことが関係しているという報告があります。

また、親に甘えたいのに甘えさせたもらえない寂しさや反発、親の期待に応えたいのに応えられない自分への不満などから食べることに向かうとも考えられています。

そのほかにも、大人になりたくないと思ったり、孤独感や挫折感など精神的なストレスも原因になっているといわれています。



摂食障害の症状
摂食障害には、自分は太っているので痩せたいという思いが強くなって食べ物を受け付けなくなる拒食症(神経性無食欲症)と食べることが止められない過食症(神経性大食症)があります。

この拒食症と過食症を合わせて病気を摂食障害といいます。

拒食症(神経性無食欲症)
拒食症は食べないだけではなく、拒食と過食を繰り返す場合が多くあります。
拒食症のきっかけは、ほとんどがダイエットで食事を極端に減らし、糖分や脂肪分を食べなくなります。

しばらくすると痩せてきますので、それに満足してさらに痩せようと食べなくなります。しかし、食べないことでお腹がすいてくるので、飢えに耐えられなくなり人が変わったように食べるようになります。

食べ終わった後は、食べたことに後悔し吐いたり下剤を使うようになります。


過食症(神経性大食症)
ストレスなどが原因となって、それを発散するために食べることです。
自分でも食べ過ぎと認識していても、食べることが止められず太るので罪悪感を感じ吐くようになります。

しばらくすると、食べた物は吐けばいいと思い食べたら吐く、吐いたら食べることを繰り返すようになります。


摂食障害が長期間続くと、空腹や満腹を感じる食欲中枢が衰え症状がされに悪化していきます。
そのほかにも、貧血や低血圧、毛が抜けるなどの症状がでてきます。さらに最悪、命を落とすこともあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.