小児・子供の心の病気〜摂食障害の対応と治療


小児・子供の心の病気〜摂食障害の対応と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>摂食障害の対応と治療



摂食障害の対応と治療



摂食障害の対応
子供の甘えを受け止める
小学生では過食症よりも拒食症になる傾向にあり、芸能人に憧れたり、友達に太っているねなどと言われることがきっかけになるようです。

また、完璧主義で何でも頑張る子供に多いといわれますが、自分では不安や劣等感を強く持っています。

親に甘えたいのに甘えられない、期待に応えたいのに応えられないことなど心の葛藤によって引き起こされることもありますので、親が子供のことをしっかり見つめ甘えてきたら突き放すのではなく甘えさせてあげましょう。

また、よいところを褒めることで自分のことを思ってくれているという実感が出できて、ありにままの自分を認めることになります。


自己管理をさせる
食べないからといって無理食べさせようとしたり、食べ過ぎるから食事の量を減らすことは逆効果になります。

まずは治療すれば治ることを説明し、必要であれば病院で診察を受けることをすすめます。
また、自分で正しい食事ができるように、親も一緒に治療に参加し体のことや栄養のことなどを勉強する家族療法もあります。



摂食障害の治療
摂食障害の治療では、栄養チェックを行いながら自分の置かれている状況を把握するためのカウンセリング受けたり、間違った考えを正常にするために認知行動療法を行います。

そのほか、家庭内に問題がある場合は家族療法を行い、気持ちが落ち込んだり不安が強い、暴力や自傷行為といって症状がある場合は、抗うつ薬や抗精神病薬などの薬物療法が行われます。

もし、拒食症が長く命にかかわるような栄養失調になっていれば、入院して治療を受ける必要があります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.