小児・子供の心の病気〜身体表現性障害の症状と原因


小児・子供の心の病気〜身体表現性障害の症状と原因

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>身体表現性障害の症状と原因



身体表現性障害の症状と原因



身体表現性障害の原因
身体表現性障害の原因は、心理的な要因によって発症しストレスや不安、心の葛藤などが原因とされています。
子供は自分をうまく表現することができなので、心に問題が起きても伝えられないので腹痛や下痢などといった身体に症状が出てきます。

また、心の問題が身体に症状としてあらわれるのは、ストレスによって自律神経のバランスが崩れることで、体の各器官が影響を受け正常な働きができなくなるためです。

そのほかに、その場から逃げたくなるときや、自分に注目してほしいと思っていると無意識に身体に症状が出る転換性障害や、病気は見つかりませんが激しい痛みが出てくる疼痛性障害などがあります。



身体表現性障害の症状
身体表現性障害の症状には、ストレスなどの心理的要因で様々な症状が身体にあらわれ、「身体化障害」「転換性障害」「疼痛性障害」「身体醜形障害」「心気症」などがあります。

身体化障害
身体化障害は、頭痛や腹痛、おう吐、下痢、便秘、しびれ、痛みなど胃腸系や神経系に長期間症状があわられます。

転換性障害
転換性障害は、病院で検査をしても異常は見つかりませんが、手足のしびれや立ち上がることができない、声が出ない、耳が聞こえない、目が見えにくいなどの症状があります。

疼痛性障害
疼痛性障害は、頭痛や腹痛、胸痛など耐えられないような激痛があらわれますが、病院で検査を受けても病気は発見できません。

身体醜形障害
身体醜形障害は、他人から顔や体型などからかわれたりすることで、自分は醜いと思い帽子やサングラスで顔を隠したり、外に出ることができなくなります。

心気症
心気症は、自分が病気になっていると思ったり、これら病気になると思い込むことです。そのため、病院で診察を受けても診断に納得がいかず病院を転々とする「ドクターショッピング」をします。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.