小児・子供の心の病気〜身体表現性障害の対応と治療


小児・子供の心の病気〜身体表現性障害の対応と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>身体表現性障害の対応と治療



身体表現性障害の対応と治療



身体表現性障害の対応
心理的要因の解決
小さい子供の場合、ストレスが原因で身体に症状が出ても、大人と違ってストレスの原因は分かりやすいので、そのストレスをなくすようにします。

子供には、手足のしびれや声が出ないといった転換性障害が多い傾向にありますので、どのようなストレスや不安など心理的な要因があるのか探る必要があります。

安心感を与える
小児科や専門科を受診し身体に異常がない場合は、心理的要因が考えられますので子供が安心できるように「よくなるから大丈夫よ」「少し楽にしようね」などといって安心させましょう。
子供も安心感が出てくると身体の症状もなくなってきます。



身体表現性障害の治療
身体表現性障害の治療は、腹痛や頭痛など身体に症状があらわれている場合は、その症状に合わせた薬物療法が行われます。
また、ストレスなどの心理的要因にはカウンセリングや箱庭療法などの精神療法が行われます。

転換性障害の場合は、体の病気ではないことを確認しカウンセリングなど精神療法で治療にあたります。心理的要因がわかっている場合は、その原因を取り除きます。

身体醜形障害では、自分の容姿に対する認識を正常にする認知行動療法を行います。
また、身体醜形障害はうつ病や統合失調症、強迫障害などでも引き起こされるのでそれぞれの障害に合わせた治療が行われます。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.