小児・子供の心の病気〜統合失調症(精神分裂病)の対応と治療


小児・子供の心の病気〜統合失調症(精神分裂病)の対応と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>統合失調症の対応と治療



統合失調症(精神分裂病)の対応と治療



統合失調症(精神分裂病)の対応
早めの受診
統合失調症は小学校高学年くらいから発症することがありますが、自分では病気という意識がないので病院に行くことを嫌がることがあります。

統合失調症は、治療を始めるのが遅くなればそれだけ治るまでに時間がかかりますので、疑いがある場合はできるだけ早く病院で診察を受けます。
もしどうしても子供が嫌がる場合は、親でけでも専門機関に相談しましょう。

否定・肯定しない
急性期にみられる妄想や幻覚、幻聴の症状があらわれても「そんなの見えるわけないでしょ」「お母さんにも聞こえた」などと否定したり肯定しないことです。
「OOちゃんには見えるの?お母さんには見えないけど、不思議だね」などと冷静に対応します。

子供のペースに合わせる
回復期になるとよく眠ることが多くなることがありますので、無理に起こさないようにします。
回復してきたら子供の好きなことや興味のあることをさせます。このとき無理にさせるのではなく、必ず子供のペースに合わせることです。

また、回復したと思い勝手に薬を止めると、1年以内に約7割の人が再発するという報告もありますので、再発防止のためにも一定期間は薬の服用を続けます。



統合失調症(精神分裂病)の治療
統合失調症は時間はかかりますが、治療法が確立されているので治癒することは可能です。
そのため、早めの治療を始めることが大切になります。

薬物療法
気持ちが高揚していたり、妄想や幻覚の症状がある場合は、抗精神病薬を中心に服用します。ドーパミンの働きを抑え精神を安定させていきます。
また、やる気がなかったり表情も乏しく何事にも関心がないような症状のときには、非定型抗精神病薬が使われます。

統合失調症の症状が治まっても再発することがあるので、一定期間は薬の服用を続ける必要があります。


精神療法
精神療法は一般的に、薬物療法と併用しながら行われます。
統合失調症にかかっていても自分では病気という認識がないので、病気であること治療が大切であることを認識させることから始めます。
感情を取り戻すために、スポーツや園芸などのレクリエーション療法や作業療法で人との関わりを深めていきます。

また、子供が統合失調症であれば家族にも大きな負担になりますので、家族を対象にした精神療法も行われます。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.