小児・子供の心の病気〜◆気分障害◆双極性障害(躁うつ病)の症状と治療


小児・子供の心の病気〜◆気分障害◆双極性障害(躁うつ病)の症状と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>双極性障害(躁うつ病)の症状と治療



気分障害〜双極性障害(躁うつ病)の症状と治療



双極性障害(躁うつ病)の原因
双極性障害(躁うつ病)の原因は、神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンなどの機能障害や受容体の変質によるものが原因と考えれています。

また、遺伝的要因も関係しているといわれ、一卵性の双子の場合1人が双極性障害(躁うつ病)になると、もう1人も発症する確率が高いとされています。

そのほにも、大切な人やペットなどの死、自己嫌悪など精神的ストレスが原因になることがありますが、まだ、はっきりとして原因はわかっていません。



双極性障害(躁うつ病)の症状
気分の高揚と落ち込み
双極性障害(躁うつ病)の症状は、気分が高まって興奮する躁状態と、気分が落ち込んで元気のないうつ状態を繰り返しています。

躁状態になると活動的になり、ノンストップでしゃべったり、自分勝手な行動をするようになります。また、自分の思い通りにならないと怒って喚き散らすこともあります。
うつ状態になると、周りと距離を置いてふさぎこんだり、元気がなくなり何も手につかなくなります。


ラビットサイクラー
1年に4回以上、躁状態とうつ状態を繰り返すラビットサイクラーになると、気分が正常なときが少ないので日常生活に支障が出てきます。

思春期なると短期間で繰り返すようになり、リストカットなど自傷行為を頻繁に引き起こすこともあります。
また、被害妄想になったり幻覚、幻聴などの症状もあらわれ錯乱状態になることもあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.