小児・子供の心の病気〜◆気分障害◆双極性障害(躁うつ病)の対応と治療


小児・子供の心の病気〜◆気分障害◆双極性障害(躁うつ病)の対応と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>双極性障害(躁うつ病)の対応と治療



気分障害〜双極性障害(躁うつ病)の対応と治療



双極性障害の対応
うつ状態
うつ状態であればゆっくり休ませることが大切です。
子供に元気がなかったりやる気がないと「元気だしなさい」「もっと頑張って」などと言うことがありますが、逆効果になるので子供の気持ち聞き共感するように心がけます。

うつ状態は少しずつ良くなっていくものなので、ちょっと良くなったからといって元通りに接しないことです。

また、あまり期待し過ぎるとプレッシャーとなってなかなか良くならないので、休ませながら気長に見守っていきましょう。


躁状態
躁状態は気分が高揚しているので、突然びっくりするような行動を起こすことがあります。
また、ちょっとのことで怒ったり友達とトラブルを起こすこともあります。しかし、自分では病気という認識がないので、親が診察を受けるように説明します。

本人も病気と思っていないので、病院には行こうとしないこともあるので、まずは親が精神科や児童精神科など専門機関に相談しましょう。


再発防止
躁うつ病は再発しやすいので、それらしき症状があらわれたら早めに病院の診察を受けましょう。
前触れは頭痛や下痢、食欲不振、食べ物の好みが変わるなどがありますので、小さな変化を見逃さないようにします。

また、子供は親が一生懸命になっていると知らないうちに自分でもプレッシャーを与えていることがあるので注意深く観察して負担にならないように気をつけてください。



双極性障害の治療
双極性障害の治療は基本的に薬物療法が行われます。
躁状態
躁状態では、興奮を静める気分安定薬の炭酸リチウムなどが使われます。一般的に1〜2週間で改善がみられ高揚がおさまってきます。
そのほか、幻覚や幻聴、妄想などの症状がある場合は、抗精神病薬を用いる場合もあります。

うつ状態
うつ状態では、抗うつ薬が使われますが、薬の種類や量によって躁状態になることがあるので気分安定薬を一緒に服用することもあります。

躁うつの症状が治まっても再発を防ぐために服用を続けることもあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.