小児・子供の心の病気〜◆気分障害◆うつ病の症状と原因


小児・子供の心の病気〜◆気分障害◆うつ病の症状と原因

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>うつ病の症状と原因



気分障害〜うつ病の症状と原因



うつ病の原因
気分障害(うつ病)の原因は、神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンなどの分泌不足や受容体の変調によって引き起こされるのではないかといわれています。

最近まで子供にはうつ病はいないとされていましたが、いじめによるストレスや引っ越しによる環境の変化、病気などが引き金となって増えてきていると報告があります。
特に責任感が強くまじめで几帳面な子供がうつ病になりやすいと考えられています。

そのほかに、遺伝が関係しているのではないかという考えもあり、様々な原因が絡み合って発症するといわれています。



うつ病の症状
元気ない・話さない
口数が少なくなり、ぼんやりと元気のないことが多くなります。また、ゲームやテレビ、音楽など好きだったものに興味がなくなります。

そのほかにも集中力や気力が低下し動きも鈍くなり、急に怒ったり泣いたりと情緒不安定になります。


食欲がない・体調不良
重度のうつ病になると食欲がなくなり体重が減ってきます。また、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなりがちです。
そのほか体にも症状があらわれ、頭痛や腹痛、下痢、便秘、動悸、倦怠感といった症状がみられます。

しかし、これらは誰にでもあることなのでうつ病と気付かないことがあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.