小児・子供の心の病気〜◆気分障害◆うつ病の対応と治療


小児・子供の心の病気〜◆気分障害◆うつ病の対応と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>うつ病の対応と治療



気分障害〜うつ病の対応と治療



うつ病の対応
ゆっくり休ませる
やる気がない、動きが鈍くでだらけてるように見えるので、つい「しっかりしなさい」「もっと頑張りなさい」と言ってしまいますが、これはかえって逆効果になります。

早く治ってほしいと思うあまり焦ってしまいますが、その気持ちは子供に伝わるので、まずは、子供とゆっくり話すことが大切です。

子供の苦しみやつらさを黙って聞いて、一生懸命頑張っていることを褒めて「頑張ったから疲れているのね」と今は休養することが一番であることを教えます。
また、学校を休むことや勉強が遅れることに不安を感じますので、家庭では心配ないように環境を整えることが大切です。


専門医師に相談
子供がうつ病かな?と感じたら早めに精神科で受診しましょう。しかし、いきなり精神科では抵抗があると思いますので、まずは小児科で相談するといいでしょう。

うつ病は必ず治る病気であること、休養が大切であることを時間をかけてゆっくり説明します。
もし、命にかかわるような危険を感じるときはすぐに専門医に相談します。



うつ病の治療
薬物療法
まずはゆっくり休ませ、うつ病の原因がはっきりわかっている場合は、その原因を取り除くことを考えます。

薬物療法は基本的に抗うつが薬使われ、最近ではより安全な選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)などが使われ、1〜2週間で効果があらわれます。

しかし、副作用が出やすく吐き気や嘔吐などを引き起こすことがあります。


認知行動療法
うつ病の子供は、「自分は何もできない」「全部自分が悪い」などと自己嫌悪が強くなります。
このような自分自身へのゆがんだ気持ちをなくすために認知行動療法が行われることもあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.