小児・子供の心の病気〜◆不安障害◆パニック障害の症状と原因


小児・子供の心の病気〜◆不安障害◆パニック障害の症状と原因

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>パニック障害の症状と原因



不安障害〜パニック障害の症状と原因



パニック障害の原因
パニック障害の原因は、神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンなの分泌異常がパニック障害を引き起こしていると考えれています。

ノルアドレナリンは、脳幹の青斑核という部分から身の危険を感じたときなどに分泌されますが、この青斑核が異常を起こし普通の状態でもノルアドレナリンを分泌するので不安や恐怖、めまいなど様々な症状があらわれるといわれています。

なぜ異常分泌するのかは解明されていません。

そのほかにも、身近な人やかわいがっていたペットなどの死、病気による強いストレスなどが引き金となることもあります。
また、10代でパニック障害を発症した場合は、遺伝的な要因があると考えられています。



パニック障害の症状
パニック発作
パニック発作は、普通に過ごしていても時と場所を選ばす不安や恐怖が突然襲ってくるもので、動悸や呼吸困難、めまいや吐き気などの症状があらわれます。
パニック発作は約10分くらいでピークを迎え、30分くらいすると治まってきます。

広場恐怖
時と場所を選ばないため、いつ起こるかわからない不安と恐怖で外に出ることが怖くなります。
公園やスーパーなどに行けなくなることを広場障害といいますが、公園やスーパーで発作が起こるとその場所は避けるようになりってきます。

その他の障害の併発
うつ病や脅迫性障害、全般性不安障害、社会恐怖などを併発することがあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.