小児・子供の心の病気〜◆不安障害◆パニック障害の対応と治療


小児・子供の心の病気〜◆不安障害◆パニック障害の対応と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>パニック障害の対応と治療



不安障害〜パニック障害の対応と治療



パニック障害の対応
病気を認める
パニック障害は病院で検査しても病気は見つかりませんが、動悸や呼吸困難、めまい、吐き気などの症状が出ます。しかし、病気と診断されないので周りの人には苦しみがわかってもらえません。
そのため、孤独感を感じるようになって更に症状が悪化することがあります。

まずは、周りの人はパニック障害のことをよく知り、子供の苦しみを理解し共感することが大切です。


外出には一緒に
パニック障害の子供は、電車やバス、人ごみの中が怖くてひとりで外出することができなくなることがあります。
病院だけではなく出かける際は一緒に行動するようにします。
また、子供の様子を医師に伝え一番良い方法を相談していきます。

学校に行くのが怖くなった場合は、無理に行かせようとすると症状が悪化して病気が治るまで時間がかかることになるので、しばらく休むことも必要になってきます。

子供は不安を感じて死にそうなくらい苦しんでいるので、「死ぬことはないから大丈夫」と安心させ、発作の起こる状況を確認し、どのように対処すればいいのか教えておくことが症状を軽くする一つの方法です。



パニック障害の治療
薬物療法
まずはパニック発作を抑えることが優先されますので、予期不安や広場恐怖にも有効な選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)で発作を抑えます。
また、服用後すぐに効果のあらわれる抗不安薬なども使われます。


認知・行動療法
パニック発作がなくなっても不安や恐怖が残ることがありますので、誤った認識を正常にする認知療法や行動療法が行われます。
まずは、不安を感じる場所や状況を少しずつ体験させ、パニックになる状況に慣れさせていきます。

ただし、慎重に行わないと症状が悪化することもあるので専門家と相談しながら進めていきます。

そのほかにも、緊張をほぐし自律神経を安定させる腹式呼吸を取り入れてることもあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.