小児・子供の心の病気〜◆不安障害◆全般性不安障害の対応と治療


小児・子供の心の病気〜◆不安障害◆全般性不安障害の対応と治療

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>全般性不安障害の対応と治療



不安障害〜全般性不安障害の対応と治療



全般性不安障害の対応
安心感を持たせる
幼児が様々なものに不安を感じる全般性不安障害と診断されることはほとんどなく、母親と離れる不安や、幼稚園や保育園に行けなくなるなど不安に思うことが限られている分離不安障害が多くみられます。

どちらにしても不安に思っているので、意味もなく泣いたり落ち着きがなくソワソワしているときは安心感を与えるようにします。


様子を観察する
子供は不安をうまく伝えることができないので、落ち着きがなくイライラしていたり、ちょっとしたことにビクビクとしていないかよく観察します。
もし、子供が不安を訴えてきたらよく話を聞いて「大丈夫、お母さんがついているから」と子供を安心させてあげます。

また、親が難しい要求をすると子供は不安を感じているので、子供にゆとりがあるように親は厳しいことを言わないようにします。


簡単に片付けない
子供が「どうしよう」「すごく心配だ」と言ってきたら。普通は「大丈夫よ」「気にすることないよ」などと簡単に片付けることがありますが、子供にとっては大きなことなので苦しみや心配事を受け止めるようにします。



全般性不安障害の治療
一般的に原因となっている心配事を取り除くことですが、自分でも何がストレスになっているかわからないので、親が日常生活の中で何が原因になっているのかよく観察します。

特に幼稚園や保育園の年長組、小学校の低学年であれば、自分が病気だという認識がないだけではなく、言葉でうまく表現することができないので芸術療法などが行われます。

思春期を過ぎれば不安や対人恐怖を克服する認知療法や、誤った行動や認識を改善していく行動療法などが行われ、抗うつ薬や抗不安薬などの薬物療法も行われます。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.