小児・子供の虫垂炎の病気


小児子供虫垂炎病気

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>虫垂炎の病気



小児・子供の虫垂炎



小児子供虫垂炎は、虫垂突起が炎症を起こした状態です。小児が虫垂炎になると進行が早く虫垂に穴が開く確率が高くなっており6歳以下では約7割のとの報告があります。

主な原因は虫垂突起に結石で塞がれ炎症を起こす場合と細菌感染による炎症が考えられています。


小児・子供の虫垂炎の症状
腹痛や嘔吐、発熱などの症状があり便秘や下痢になることもあります。腹痛は最初にお腹の上が痛み次第に右下の腹部が痛みだします。立つと痛みが増すためまっすぐ立つことができません。

右の下腹部の痛みがお腹全体に広がると穿孔せい腹膜炎の可能性があるので注意が必要になります。


小児・子供の虫垂炎の検査方法
白血球数やCRP値〜蜂巣炎症虫垂炎や壊疸性虫垂炎の場合白血球の数が増え、カタル性虫垂炎では白血球の数はあまり増えません。CPR値は病状が進行するにとともに上昇します。

X線写真〜小腸のガスや糞石などの異常を調べられます。

超音波検査〜虫垂の肥大や腫瘍ができている場合に有効に診断でき手術を決める際の参考になります。


小児・子供の虫垂炎の治療
カタル性虫垂炎の場合は、手術を行わずに薬の服用や点滴による内科的治療を行います。その他の蜂巣炎症虫垂炎、壊疸性虫垂炎、穿孔性虫垂炎の場合には手術による治療が行なわれます。
入院期間は一週間位で終わります。なた、穿孔性虫垂炎の場合は一週間以上かかります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 美容と育児