小児・子供の脱水症の病気


小児子供脱水症病気

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>脱水症の病気



小児・子供の脱水症


小児子供脱水症は、体の水分が失われることや水分補給不足により体液が欠乏した状態をいいます。脱水症は水分だけが減少するのではなく、電解質のナトリウムなども同時に失われています。


血清ナトリウム濃度によって脱水症も3つに分けられています。
低張性脱水
と水分よりもナトリウムが多く失われることです。原因は嘔吐や下痢により失われる場合と、副腎機能不全などによりナトリウムの排出が増えることで起こります。

等張性脱水
水とナトリウムが同じ割合で失われることです。

高張性脱水
水だけが失われること、または食塩を少し含んだ水が失われることです。水だけ失われる場合は尿崩症などにみられ、食塩を含んだ水が失われる場合は発汗や浸透圧利尿などにみられます。また、血清ナトリウムの濃度は高い数値になります。


脱水症により体重の減少で症状が異なってきます。
体重の5%が減少
体重1sあたり50mlの減少すると唇が乾き、ウトウトした状態で意識はあります。

体重の10%が減少
体重1sあたり100mlの減少唇と舌が乾いてきます。また、ウトウトして意識がなくなる手前の状態になります。

体重の15%が減少
体重1sあたり100〜150mlの減少の場合は、唇、舌、粘膜が乾きます。意識がなく刺激に対して反応はなくなります。


小児・子供の脱水症の治療
脱水症の治療として、第一に水分補給が重要になってきます。軽症の場合はきちんと水分補給を続けてください。そのほかに点滴静脈注射があります。排尿があるまでは早急に輸液を行う必要があります。また、自分で水分補給ができるまでは静脈輸液が行われます。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 FX資産