小児・子供の伝染性紅斑の病気


小児子供伝染性紅斑病気

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>伝染性紅斑の病気



小児・子供の伝染性紅斑



小児子供伝染性紅斑は、ほっぺがリンゴのように紅くなることからリンゴ病とも呼ばれている急性ウイルス性発疹症のこです。


小児・子供の伝染性紅斑の原因
ヒトパルボウイルスB19による感染症で、赤芽球系細胞を破壊したりウイルス血症、その他様々な病気を引き起こすウイルスです。

とくに6〜12歳に多く見られ一度感染すると免疫が一生続き2度感染することはありません。


小児・子供の伝染性紅斑の症状
発疹は出る前に咳や頭痛、微熱に鼻汁の症状があり、発疹が出たときには熱は下がっています。もし発疹後にも発熱した場合には他の病気にかっかている場合があるので注意が必要です。

感染後10〜40日すると両方の頬が紅くなります。一度消えても日光やストレスにより再び紅くなることがあります。

頬が赤くなるとのと同じくらいに、腕と足にも紅斑が見られるようになり痒みがある場合があります。

腕や足の発疹は数日で改善され、頬の紅斑は1週間後には消えます。また、発疹が出る頃にはウイルスの伝染力が失われているので学校を休ませる必要はありません。

合併症の心配はありませんが、妊婦が感染すると流産することがあります。また、血液の持病がある人は貧血になることがあります。


小児・子供の伝染性紅斑の治療
治療はとくに必要はなく、痒みがある場合には抗ヒスタミンを使います。


ヒトパルボウイルスB19が原因で起こる可能性のある病気
に成人に多くみられる関節痛や関節炎があります。これらの症状が慢性化して関節リウマチになるという報告もあります。

そのほかに血小板の減少による紫斑病や脳炎などがあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.


【PR】 定年株式