小児・子供の発熱の病気


小児子供発熱病気

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>発熱の病気



小児・子供の発熱



発熱の主な病気
気管支炎、中耳炎、扁桃炎、上気道感染など感染による大部分が小児子供発熱の原因になります。また、サルモネラなどの細菌による腸炎や肺炎、脳炎、リンパ節炎なども小児・子供の発熱の原因になることがあります。


その他の考えられる小児・子供の発熱の原因
風疹・はしか・水痘・おたふくかぜ・突発性発疹・リウマチ熱・皮膚筋炎・エリテマートデス・白血病・神経芽細胞腫・脱水・じんま疹・薬アレルギー・心因性


小児・子供の体温測定
体温を測定する場合普通わきに挟み測りますが、これは外部要因を受け正確な体温を測ることはできません。
外部要因の影響を受けない一番の場所は肛門です。新生児や乳幼児の時には普通におこなわれますが、成長すると抵抗感がありわきに挟んで測るようになります。肛門の次に外部要因を受けない場所が口の中です。諸外国の体温測定は口の中を測るのが普通になっています。


体温測定をする場合の注意点(わきに挟む場合)
デジタル体温計
測定前に10〜15分わきを密着させた後に汗を十分に拭き測ります。
水銀体温計
汗を十分に拭き10〜15分程度の時間をかけて測ります。


小児・子供の発熱による影響
発熱による影響は良いものと悪いものがあります。
良い影響
白血球の細菌除去作用が最も活発になるのは38〜40℃といわれています。また細菌やウイルスの増殖を抑える作用もあります。
悪い影響
食欲不振による体力の消耗や脱水症状があります。ビタミンや鉄分の吸収が正常に行われないなどの代謝に影響があります。また、乳幼児にはケイレンを起こす場合もあります。


小児・子供の発熱の治療法
アスピリン、アセトアミノフェン、イブプロフェン、メフェナム酸などの薬の投与が一般的で、38〜38.5℃以上で比較的元気な場合に用いられます。
よく服をたくさん着せたり毛布などに包むことがありますが、熱がこもり放散できないので注意すべきことです。
忘れてならないのが水分補給です。オシッコの量を増やすことで解熱効果があります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.