小児・子供の貧血の病気


小児子供貧血病気

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>貧血の病気



小児・子供の貧血


小児子供貧血とは、血液中のヘモグロビン濃度が下がったり、赤血球の減少により引き起こされます。ヘモグロビンとは赤血球に含まれる成分で酸素を運ぶ働きや血液の赤い色素を持っています。


小児・子供の貧血の原因
貧血は原因は大きく3つに分けられ骨髄での血液の生産が低下する、怪我や病気により出血する場合、血液中の赤血球が壊される場合

血液細胞をつくる骨髄の機能が麻痺し白血球や血小板の減少もある再生不良性貧血や、白血病なども貧血の原因になります。

赤血球をつくるために必要な栄養素が不足して起こる鉄欠乏性貧血、葉酸やビタミンB12が不足して起こる巨赤芽球性貧血があります。

先天性の赤血球の膜異常やヘモグロビン異常により赤血球が壊れやすくなり貧血になります。溶血性貧血といわれています。

消化性潰瘍やポリープなどは慢性的に出血するので貧血が起こりやすくなります。また、鉄欠乏性貧血になることも多くあります。


小児・子供の貧血の症状
元気がない、顔色が悪い、横になっていることが多いなどがみられます。また、慢性的な貧血は進行が緩やかなので気づかずかない場合が多くあります。白血病や再生不良貧血などの場合は発熱や出血がみられることがあり、溶血性貧血の場合は黄疸を伴うことがあります。


小児・子供の貧血の治療
鉄欠乏性貧血の場合は鉄剤で鉄分を補給し、貧血が改善されても2〜3ヶ月は鉄分を補給し体に蓄えておくことが大切になります。
巨赤芽球性貧血の場合も同様に、葉酸やビタミンB12を補給します。
溶血性貧血の場合は、赤血球が脾臓で破壊されるため脾臓を摘出します。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.