小児・子供のインフルエンザ・かぜ症候群の病気


小児子供インフルエンザ・かぜ症候群病気

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>インフルエンザ・かぜ症候群の病気



小児・子供のインフルエンザとかぜ症候群



小児子供かぜ症候群は一般的に急性鼻咽頭炎とされていますが、ウイルスの感染症や肺炎を含める場合もあります。

かぜの原因の90%以上がウイルスによる感染で、インフルエンザ、パラインフルエンザ、コロナウイルス、アデノウイルスなどがあります。また、細菌による感染は少なくA群溶連菌や肺炎マイコプラマスには注意が必要です。

インフルエンザの特徴は、高熱、頭痛、関節痛など体全体に症状がでます。A型、B型、C型とあり毎年冬になると流行します。


小児・子供のかぜの注意点
かぜは万病のもとといわれるように様々な病気の引き金になります。中耳炎になる場合がとくに多く、そのほか肺炎や髄膜炎、脳炎なども引き起こす場合もあるので注意が必要になってきます。


小児・子供のインフルエンザの注意点
過去のインフルエンザによる死亡は肺炎が90%以上を占めていましたが、現在では医療に進歩により免疫不全でない限りインフルエンザで死亡するケースはなくなりました。

インフルエンザにかかった場合は、2次感染を防ぐために学校を休ませることが必要になります。熱が下がっても2日間は休ませます。

解熱剤、鎮痛剤にはアスピリンの服用は避けた方がよいでしょう。インフルエンザや水痘症にアスピリンを使用するとライ症候群になるという報告が欧米ではあります。


予防と治療
外出後、帰宅したらすぐにうがいと手洗いをすること。また、体が疲れている場合はゆっくりと休ませることも大切にります。厚着をさせないのもひとつの予防になります。

インフルエンザの予防接種もありますが、有効性も70〜80%と完全ではありません。しかし、合併症の脳炎や脳症にワクチンは有効とされています。

治療には一般的に抗生物質を投与します。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.