小児・子供の血便の病気


小児子供血便病気

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>血便の病気



小児・子供の血便



小児子供血便は食道から肛門にいたるまでの消化器官の出血が原因で起こります。

血便の状態で出血している部分や病気の原因がある程度わかります。
黒くコールタールのような便は上部消化管、鼻腔腔、口腔の出血が考えられます。

黒赤色、鮮血の混じった粘りのある便の場合は、潰瘍性大腸炎、細菌性腸炎、大腸の出血が考えられます。

線状の鮮血が便に付いていた場合は、肛門、直腸下部の出血が疑われます。

発熱や下痢の場合は細菌性腸炎、夜や空腹時の腹痛は消化性潰瘍が考えられます。

腹痛や関節痛、紫斑がある場合はアレルギー性紫斑病の疑いがあります。


年齢別血便の原因
新生児
新生児出血素因・壊死性腸炎・腸軸捻転・牛乳アレルギー・肛門裂
乳児
牛乳アレルギー・腸重積症・メッケル憩室炎・重複腸管・肛門裂
幼児
腸重積症・メッケル憩室炎・重複腸管・アレルギー性紫斑病・溶解性尿毒症
小学生
アレルギー性紫斑病・溶解性尿毒症・潰瘍性大腸炎・クローン病・異物挿入
中学生
潰瘍性大腸炎・クローン病・異物挿入・痔


年齢に関係のない原因
感染性腸炎・急性大腸炎・食道静脈瘤・消化性潰瘍・ポリープ・血管拡張症・肛門炎・肝疾患など


小児・子供の血便の治療
血液疾患や出血性素因の場合は、ビタミンKや血小板、凝固因子を補います。
細菌性腸炎の場合は抗生剤を使います。
潰瘍性大腸炎・クローン病・消化性潰瘍などは薬や食事による内科治療を行います。
肛門裂は便秘の予防が大切になります。
アレルギー性紫斑病で症状が重い時にはステロイド剤を使います。
ポリープや壊死性腸炎、メッケル憩室炎は手術が必要になることがあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.