小児・子供の口内炎の病気


小児子供口内炎病気

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>口内炎の病気



小児・子供の口内炎



小児子供口内炎とは、様々な原因で口の中の粘膜に水疱や潰瘍の炎症が起こることをいいます。


小児・子供の口内炎の原因
細菌やウイルスによる感染で単純性ヘルペス、水痘ウイルス、コクサッキー、エンテロなどがあります。その他に外傷や歯の生えかわりによる外的要因、ストレス、メトトレキサートやアドリアマイシンなどの抗腫瘍剤の薬によるものがあります。


小児・子供の口内炎の症状
原因により違いはありますが、一般的に発熱と痛みを伴います。また、口の中が炎症を起こすので食欲が低下します。

ヘルペス口内炎〜単純ヘルペスの感染で、口の中の粘膜に小さな水痘ができ高熱が3〜5日続きます。また、口の中が痛むため脱水症状になることもあるので水分補給が大切になります。完治には2週間程度かかります。

ヘルパンギナ〜エンテロウイルスが原因で、3〜4日高熱が続き軽い頭痛を伴います。口の中に小さな水痘ができ舌や唇にも症状が表れることがありますが、歯肉や頬の粘膜に症状が表れることはありません。

手足口病〜エンテロウイルスによるもので、口の中の炎症、手や足、膝、殿部に水疱ができ、喉の痛みと微熱があります。また、発熱が4〜5日続き嘔吐や下痢の場合は無菌性髄膜炎の合併症になっている可能性があります。


小児・子供の口内炎の治療
痛みの場合は、軟膏やはり薬、噴霧剤を使い炎症を起こしている局部に使用します。

脱水症状を起こしやすいので水分補給を怠ることのないようにします。

食べ物は、喉越しがよく柔らかいうす味にします。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.