小児・子供の日射病・熱射病の病気


小児子供日射病・熱射病病気

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>日射病・熱射病の病気



小児・子供の日射病・熱射病



小児子供日射病熱射病は、直射日光や夏の締め切った車の中など高温の環境の中にさらされ、体の体温調節ができなくなることです。

汗をかくことができず体に熱がこもり全身の臓器に障害が起きます。

42℃を越える状態が数分続くと細胞のミトコンドリアが機能しなくなります。


小児・子供の日射病・熱射病の症状
体温が42〜43℃の高温で、汗はかかずに乾燥した皮膚になります。痙攣、脱力、昏睡、片麻痺といった中枢神経の症状や不規則な呼吸があります。重症になると血圧がさがりショック状態になります。

日射病・熱射病の初期症状として脈拍と血圧の上昇、頭痛やめまい、熱っぽく疲労感があります。


小児・子供の日射病・熱射病の治療
軽症であれば木陰など涼しい場所に移動し水分補給をすることで改善されます。意識障害など重症の場合は、早急な処置が必要で38〜39℃になるまで冷水浴やアルコールで体を拭いて体温を下げていきます。

急激な体温の低下や上昇に気をつけるために体温は頻繁に測るようにします。

高カリウム血症や尿が出ない場合は透析が必要になります。そのほか呼吸に異常がある場合は脳浮腫になる可能性があるので酸素、人工換気を行います。

暑い夏場には帽子をかぶり薄着で過ごします。また水分補給もこまめにします。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.