小児・子供の黄疸の病気


小児子供黄疸病気

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>黄疸の病気



小児・子供の黄疸



小児子供黄疸とは、ビリルビンという血液中になある物質が異常に増えることで白目や皮膚が黄色になることをいいます。

黄疸に似た症状のある柑皮症を知っておく必要もあります。柑皮症はミカンやニンジン、カボチャなどをたくさん食べることで、カロチンという成分により手のひらや足の裏が黄色くなることです。この柑皮症では白目が黄色くなることはありません。食べ物を控えることで症状は治まっていきます。

新生児では、母乳性黄疸がありますがこれは母乳に含まれる成分が原因となっているので自然に症状は改善されます。


小児・子供の黄疸の症状
黄疸だからといって黄色というわけではなく、くすんで濁ったような色だったり、緑色っぽく見える場合もあるので気づかないことがよくあります。

水分は多くとっているのにオシッコの色がとても濃い。また便も白っぽい色から薄い黄色の便が出るようになります。


新生児の黄疸が病気と考えられる症状
早発黄疸〜生後24時間以内に黄疸が明らかに認識された場合

血液中の総ビリルビンが15r/dlを越えた場合

遷延性黄疸〜生後2週間を過ぎても黄疸が続く場合

血液中の直接ビリルビンが増える場合


小児・子供の黄疸の治療
新生児に場合は、有効性のある光線療法が一般的です。新生児の体に光を当て血液中のビリルビンを分解し排出を促します。

光線療法で血液中のビリルビンが減少しない場合や重症の早発黄疸では交換輸血を行います。

原因により治療は外科、内科、様子を見るなど黄疸の原因で異なってきます。血液検査、尿検査、エコーなどで調べます。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.