小児・子供の嘔吐の病気


小児子供嘔吐病気

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>嘔吐の病気



小児・子供の嘔吐



小児子供嘔吐には消化器疾患がもっとも多く、感染症の虫垂炎、急性胃腸炎、腹膜炎や先天性消化管閉塞、食道墳門弛緩症、腸回転異常症、腸重積などの通過障害があります。そのほか胃炎や消化性潰瘍でも嘔吐する場合があります。
中枢疾患では脳炎、髄膜炎、脳腫瘍、頭蓋内出血などが原因で嘔吐することがあります。
代謝異常や内分泌異常の低血糖、糖尿病アシドーシス、尿毒症などでも嘔吐の原因になります。


小児・子供の嘔吐以外の症状にも注意が必要になります。
食欲がない、元気がない、機嫌が悪いなどの見られるときには病気による嘔吐の可能性があります。

腹痛の場合は、急性胃腸炎・虫垂炎・腹膜炎・消化性潰瘍・腸重積などが考えられます。

発熱がある場合は、急性胃腸炎・虫垂炎・腹膜炎・髄膜炎・脳炎・敗血症・尿路感染症などが考えられます。

下痢になった場合は、急性胃腸炎・胃腸管アレルギーなどが考えられます。

腹部が膨らんでいる場合は、腸閉塞・先天性消化器管閉塞などが考えられます。

頭痛がある場合は、脳腫瘍・脳炎・髄膜炎などが考えられます。


小児・子供の嘔吐の予防と治療
吐物による窒息を防ぐために顔を横に向けるなどの処置を行います。

嘔吐の処置だけでは不十分なので、嘔吐の原因をきちんと見極めた上での治療が必要になります。

感染症の場合は、抗生剤や抗ウイルス剤、γ-グロブリン製剤などの薬を使います。

消化管閉塞や脳腫瘍、頭蓋内出血などの場合は外科手術が必要になることがあります。

嘔吐の場合は、脱水症状になりやすいので水分補給や点滴静脈注射などを行うことです。

毒物などの誤飲の場合は、胃の中の洗浄や輸液などで毒物の排除を行います。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.