小児・子供の頭痛の病気


小児子供頭痛病気

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>頭痛の病気



小児・子供の頭痛



小児・子供の頭痛の原因
血管性頭痛
脳の血管が拡張するときに起こる痛みで、発熱時や片頭痛が一般的です。片頭痛には吐き気や嘔吐などの症状が出ることもあります。

てんかん性頭痛
発作の前後に多く見られ、てんかん発作の唯一の特徴が頭痛の場合があります。この頭痛は自律神経発作でもあるので繰り返し頭痛がある場合は脳波を調べる必要があります。

筋収縮性頭痛
後頭部から頭頂部にかけて締めつけられるような鈍い痛みで夕方になる場合が多くあります。精神的ストレスに影響されやすく年長児に多くみられます。緊張性頭痛とも言われます。

心因性頭痛
精神的ストレスやうつ状態のときに起こり、腹痛や食欲不振などの症状を伴うことがあります。頭全体や後頭部の痛みを訴え長く続きます。

頭蓋内圧亢進・牽引性頭痛
脳腫瘍や水痘症などが原因となる頭痛は頭部全体が痛み長く続きます。吐き気、嘔吐、歩行障害、視力障害などの症状を伴った場合は脳腫瘍や脳浮腫、水痘症の可能性があるので注意が必要です。

その他
眼精疲労・緑内障・急性中耳炎・う歯・歯根部腫瘍・低血糖・食事アレルギー・薬物など


家庭での処置
精神的にリラックスさせ安静にします。体温を測り鎮痛剤や解熱剤を与えます。慢性の頭痛や目や歩き方に異常がある場合は専門医に診断してもらいます。


頭痛の検査方法
脳波検査・眼底検査・頭部単純X線検査・頭部CTスキャン・MRI・血圧測定などがあります。


小児・子供の頭痛の治療
血管性頭痛
鎮痛剤や抗片頭痛剤などの薬を与えます。
てんかん性頭痛
脳波に応じてカルバマゼピン、フェノバルビタール、バルプロ酸の抗けいれん剤を使います。
筋収縮性頭痛・心因性頭痛
精神的ストレスをなくし、生活環境をよくする。心理療法が必要になることもあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.